S家に嫁いだM嬢の日常

S家に嫁いだM嬢の日常/ヨールキ・パールキ 第3話 無料 試し読み ネタバレ 感想 画像 最新話

こちらでは、「ヨールキ・パールキ」先生の

 

「S家に嫁いだM嬢の日常」の第3話をご紹介します♪

 

前回のあらすじ   

二穴ディルドでの乗馬訓練で、何度も絶頂に達した「メリー」

 

足腰がガクガクになってしまうほどイき狂ったメリーは

 

厩舎係のチ○ポが欲しくなってしまい・・・

 

メリーは恍惚の表情で厩舎係のチ○ポをパイズリします♪

 

そのまま大量に顔にぶっかけられて、午前の教育カリキュラムは終了☆彡

 

午後は「サルバトール家」の人間として、最低限の医学の授業です☆

 

医学の先生に、オ○ンコ、肛門、尿道と、

 

穴という穴をじっくり開発されたメリーは

 

そのあまりの快感に、堪らずお漏らししてしまい・・w

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽


 

『S家に嫁いだM嬢の日常』 第3話のあらすじ

医学の先生からのエッチな授業で、すっかり出来上がってしまったメリー♪

 

トロトロになったオ○ンコに、指を挿入れられただけで

 

ビクビクッ! ゾクゾクッ!

 

とカラダが反応してしまいます☆

 

そのままぐちゅぐちゅと指を動かされるたびに

 

「あっ・・しょこぉ・・しゅきぃ~」

「もっと・・もっと擦ってぇっ」

 

アヘ顔でおねだりしてしまうメリー♪

 

またまた大量に潮を吹いたメリーは、

 

あまりの快楽に気が遠くなってしまい・・・w

 

気を失ったメリーは、昔のことを思い出していました♪

 

メリーがまだ「サルバトール家」に嫁ぐ前、メリーの生い立ちのことを・・☆

 

 

あれは雪が降りしきる、凍えるように寒い、ある冬の日

 

何もない路地裏、そこがメリーの家でした☆彡

 

冷たい地面にうずくまり、ただただ寒さに震えていたメリー☆彡

 

そんな彼女の前に、一人の男がやってしました♪

 

彼はアートディーラーで、ギャラリーのオーナーをしていると言いました☆

 

彼はメリーの横に腰を下ろし、いくつか質問をしたのち

 

「何もないなら、私にその身を預けてみないかい?」

 

と問いかけました♪

 

彼に連れられて入ったテントの中は、甘い香の匂いが漂い

 

何組もの男女が、絡み合っていました♪

 

彼らは息を乱し、恍惚の表情で腰を振り、いやらしい喘ぎ声をあげています☆彡

 

メリーはしばらくの間、激しく絡み合う彼らの中心に座り

 

何もせず、ただその光景を見ているだけの日々を送ります☆彡

 

甘い香のせいで、ぼんやりとする意識のまま、見ているだけのメリー♪

 

最初は、なぜあんなにも気持ちよさそうな声をあげているのかも分からなかったが、

 

しだいにカラダの奥が、熱くなってくるのを感じ始めました☆彡

 

数日後

 

マスターのテントに呼ばれたメリーは、頭がぼんやりとしたまま

 

マスターに優しく服を脱がされていきます♪

 

この数日間で、すっかりカラダが火照りきったメリーの股間は

 

すでに蜜で溢れ、収縮を繰り返し、絶えず快楽を求めるカラダになっていました♪

 

メリーの服を脱がし終えたマスターは、メリーのカラダを亀甲に縛り上げ

 

天井から吊るしたフックに引っ掛けると、ゆっくりを引き上げていき・・・w

 

 

気になる続きは無料の試し読みで♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽


 

『S家に嫁いだM嬢の日常』 第3話の感想

医学の先生に、指を挿入されてイき狂い、ソルトスプラッシュするメリーw

 

そのシーンでのメリーの喘ぎ方が、エロい上にめちゃくちゃカワイイ♪

 

こんなエッチな求め方をされたら、

 

男の人は、きっと応えたくなってしまうんじゃないでしょうか?ww

 

そして始まったメリーの過去編♪

 

メリーがどんな経験をして、現在のドMに成長したのかが描かれています☆彡

 

その壮絶な過去に、ドMな私も思わず涎が・・(⌒¬⌒*)

 

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽