S家に嫁いだM嬢の日常

S家に嫁いだM嬢の日常/ヨールキ・パールキ 第1話 無料 試し読み ネタバレ 感想 画像 最新話 



こちらでは、「ヨールキ・パールキ」先生の大人気エロ漫画

 

「S家に嫁いだM嬢の日常」の第1話をご紹介します♪

 

 

高台の林の中に、ひっそりとたたずむ洋館に住む、ある一族の物語

 

名家「サルバトール家」は、代々医者や学者を輩出するお家柄☆彡

 

しかし、この「サルバトール家」には、少し変わった風習があります☆

 

その風習とは

 

「充分に快楽を得られる身体で身籠った子は、優秀に育つ」

 

と考えられており

 

快楽に対して身体の開発を行う教育制度がある」

 

ことでしたw

 

快楽に対して身体の開発を行う」

 

う~ん・・・w

 

こんなよく分かんない風習がある時点で

 

「名家」ではなく、「迷家」ですね♪

 

この物語は、そんな迷家「サルバトール家」のとある日常を紹介するもの☆彡

 

しかしこの「日常」が、ドMな私の心をガッチリ掴んで話しません♪

 

こんな毎日が送れるなら、私も嫁ぎたい!!

 

そんなお話ですw

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽


 

『S家に嫁いだM嬢の日常』第1話のあらすじ

「サルバトール家」に嫁いできた「メリー」の一日は、朝の入浴から始まります♪

 

入浴後、メリーがイスに腰掛けると、

 

複数のメイドたちがメリーを取り囲み、身支度を整えます☆彡

 

髪を結い、お化粧を施し、その日の予定に合わせた衣装が選ばれる・・♪

 

そんな、名家であれば、ありふれた風景♪

 

しかしここから、「サルバトール家」特有の風習が始まります☆

 

前日の精子が残っていないか、

 

メイドがメリーのオ○ンコに指を挿入れてチェックw

 

古い精子が、より良い妊娠の妨げにならないようにするためでした♪

 

今日の担当は新米メイド☆彡

 

新米メイドは慣れないせいか、

 

膣内のメリーが予期せぬ部分を擦ってしまい

 

その都度、あられもない声が漏れてしまいますw

 

メイドの指で理性を飛ばしてしまい、イってしまうこともしばしば☆彡

 

残存精子チェックが終わると、今度は体温測定♪

 

正確に測るため、体温計を膣内の粘膜に直接当てて測定しますw

 

しかし体温計を膣内に挿入れられ、身体が火照ってしまっているので

 

正確に測れているかは不安な模様w

 

続いて朝食をとり、その後、今日の教育が始まります♪

 

今日の午前は、乗馬の講師のもと、乗馬の訓練です☆彡

 

さっそく馬にまたがって・・・

 

鞍に取り付けられた、旦那様のペ○スを模したディルドを挿入ww

 

馬の動きと腰の動きを合わせる練習をする、といいます???(錯乱

 

さっそくディルドを膣に挿入するメリー♪

 

しかし「サルバトール家」の乗馬訓練は、これだけではありません♪

 

より快楽を感じるため、お尻にもディルドを挿入し、

 

二穴攻め状態での乗馬訓練ですww

 

オ○ンコとお尻

 

二つの穴にディルドを挿入れられたメリー(´Д`*)))ハァハァ

 

馬が歩くたび、その振動でものすごい快感が下から突き上げてきますw

 

これだけで頭が真っ白になり、うつろな表情で何度も達してしまうメリー♪

 

ここからさらに、快感を強めていきます☆

 

講師がメリーの馬に鞭を入れ、馬が小走りに♪

 

ズンッ ズンッ ズンッ ズンッ

 

さらに強く、早くなった振動が、リズミカルにメリーの二穴を襲いますw

 

「らめッらめッきもちィィ♡」

 

メリーは何度も何度もイってしまい、膣内は収縮を繰り返すw

 

乗馬の訓練が終わるころ、

 

メリーはイきすぎて、グッタリと馬の背に身を任せるしかありませんでした♪

 

気になる続きは無料の試し読みで♪

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽


 

『S家に嫁いだM嬢の日常』 第1話の感想

二穴同時ディルドww

 

あたしもコレしゅきーーっ!!

 

ヽ(ω・,,ヽ)ダイ!! (ノ,,・ω)ノスキ!!.。゚+.(,,・ω・,,)ノ。+.゚ デス!!

 

お腹の中で二つのディルドがコンコンノックし合って・・・w

 

最高に気持ちいいのよね♪

 

ただでさえ気持ち良くってヤバいのに、さらに乗馬の振動が加わったら・・・

 

ヤヴァィ~ヾ(●≧Д≦●)〃

 

想像しただけで、じゅんじゅんキちゃってます♡

 

可愛くてセクシーなメリーが、

 

馬上で華麗にイき狂う姿は必見♪

 

朝っぱらからドエロい風習に身を任せるメリー♪

 

でも、メリーの一日はまだ始まったばかりなのです・・・w

 

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽